低位株

低位株 銘柄

低位株には、安値で長らく放置されたままになっている株式銘柄がたくさんあります。割安株投資、つまりバリュー投資の観点からすると掘り出しものが見つかる可能性が高いのではないでしょうか。バリュー投資とは、本来ならば1株あたり1200円の価値があるのに1000円で放置されている株式銘柄があれば、安いうちに買って値段が本来の価値に戻るまで待つ、という投資スタイルです。機関投資家、ファンドマネージャーなどでも、この投資スタイルで運用している人はたくさんいます。長らくボックス相場、レンジ相場で安値をいったり来たりしていても、何かひとつ材料が出ると、大きく跳ね上がるのが低位株の特徴です。このときには発行株数が少なければ少ないほど派手な値動きをします。また、低位株は値がさ株とは違い、少ない金額で始めることが可能ですから、株の初心者やサラリーマン、主婦のかたなどが、最初に、おっかなびっくりやってみるには丁度良いかもしれません。名の知れた国際優良銘柄(ブルーチップ)のような派手さはないかもしれませんが、堅実な投資をしたい方にはおすすめでしょう。海外の機関投資家が本国へ資金を持ち帰るときに国際優良銘柄は値を下げることが多いものですが、低位株には外国人投資家が保有している銘柄はそれほど多くはないはずです。会社四季報などで株主について一度、調べてみるのも良いかもしれません。

低位株 値がさ株

低位株には、かつての成長産業が多いということについては申し上げたかと思います。この伝でいくと、現在、値がさ株の成長産業もいづれ、市場が飽和して、あるいは産業構造の転換に伴い、成熟産業、斜陽産業になるということです。ただし、それが、いつの日になるかということは、あくまでも予想、予測の域を出ないのかもしれませんが、、、、、。現在の成長産業といえば、、、、、、?真っ先にIT分野をあげた人が多いのではないでしょうか。あなたが、この文章を読んでいる、パソコン画面、インターネットも、以前は存在しなかった通信手段です。インターネットが登場した当時、よく「情報革命」なんて言葉が使われました。インターネットの登場は「産業革命」にも匹敵する社会変革、経済変革だというわけです。それから、しばらくしてIT関連企業の上場ラッシュが起きました。日本では楽天やサイバーエージェント、アメリカではアマゾン、グーグル、、、、。東証だけでなくヘラクレスやマザーズにも多数、IT関連の企業が上場しました。もっとも中にはライブドアのように社会問題を起こした会社もないわけではないですが、、、。しかしながらライブドア社も創業者が退いた後、別の企業の資本が入り、経営も安定しているようです。こうした成長著しい分野でも、いつの日にか、斜陽産業の仲間入りを果たす日が来るのでしょう。果たして、それがいつなのかは、まったく不明ですが、、、。