割安株 バリュー株投資

割安株 バリュー株投資

割安株、バリュー株投資と呼ばれる投資方法があります。本来なら一株1200円の価値がある株式銘柄がありました。この株の値段が、なぜか一株1000円で放置されています。一株あたり200円、割安なので株を買います。やがて株価は本来の水準、1200円に戻りますから、この株価に戻ったときに利食いをしましょうという考え方です。長期投資で有名な投資ファンド、さわかみファンドなどでは、この投資スタイルで投資を行っているといわれています。この割安株投資、なかなか合理的な考え方なのですが、基本は目先の利益を追うものではありません。短期での利ザヤを狙いたい人は仕手株やFX、外国為替証拠金取引でも手掛けたほうが良いでしょう。割安株、バリュー株投資というのは、わかりやすく言うと「ひずみ」を買うということです。本来、つくべき値段より、明らかに安い価格、おかしな値段がつくときがある。その「ひずみ」を買って価格が本来の姿に戻るまで保有するということです。この「ひずみ」という考え方は株式投資だけでなくFX、外国為替証拠金取引や不動産投資にも応用がきくかもしれません。本来、つくべき値段ではない、おかしな値段がついている。そこへ出動する。やがて時間がたつと、その「ひずみ」が修正されて利益が出るということです。