低位株投資のメリット

低位株投資のメリット

低位株は値がさ株と違って、投資を始めるのに少ない金額でできます。値がさ株は下げ幅の余地が大幅にありますが、低位株には下げ幅の余地があまりないのにで、この辺の事情も投資しやすいのではないでしょうか。 しかしながら、低位株には、そのまま整理ポストに入ってしまう銘柄もないわけではないのですが、、、、。低位株には国際優良銘柄(ブルーチップ)と呼ばれるような企業はあまりありません。どちらかというと華やかさに欠け、国内市場を相手にした企業が多いようです。先ほど述べましたが低位株は最初の投資金額が少なくても始められますので株の初心者や投入資金をそれほどたくさんつぎ込めない人にも可能な投資です。値動きについても、わかりやすいボックス相場のチャートを描くものや材料ひとつで大きく値を上げるものなど、初心者にもわかりやすい相場展開をしたりします。国際優良銘柄の場合、業績がたとえ良かったとしても、海外の投資ファンドが利益を確定して資金を本国に持ち帰るときに値下がりしてしまうなどということもあるようです。それと最近、ちらほら聞くのが技術を持った低位株銘柄に外国からの資金が入り、M&Aを仕掛けられるというものです。やはり、日本の技術力は、まだまだすごいものがあるのでしょう。もっとも買収された後の企業は技術だけ吸われて抜けがらみたいになることが多いようですが。。。投資家にしてみれば利益が出れば、それで構わないのかもしれませんが。。。

低位株、割安株

低位株、ぼろ株に限ったことではないですが、株式投資というものは良く美人投票に例えられます。これは要するに自分が美人だと思う人に投票、つまり株式を購入するのではなく、自分以外の人間、他人が購入しそうな株に投票、投資しましょうということです。自分以外の人が株を買えば値段が上がりますね。 しかしながら、自分が株を購入するときは、ついつい自分の好みで買ってしまいがちですね。しかしながら株式投資の基本は上がりそうな株を買うこと、ですから、自分の主観はあまり関係ない??のかもしれません。その中で低位株、ぼろ株は大化けしそうな銘柄がたくさんありますので、投資妙味を味わいたい人には、うってつけです。ひとつ材料が出れば、買値を大きく上回ることもあるでしょう。低位株、ぼろ株への投資はバリュー投資を狙っている人へもお勧めかもしれません。国際優良銘柄(ブルーチップ)と違い、低位株には実態以上に安値で放置されている株が多いものです。バリュー株投資というのは割安株投資のことです。異なった投資スタイルとしてはグロース投資、成長株投資なんてのもあります。